福岡県警察本部との連携

 九州大学サイバーセキュリティセンターは、サイバー空間における福岡県民の安全と安心を確保することを目的として、平成28年6月30日(木)に福岡県警察とサイバーセキュリティに関する協定を締結しました。

プレスリリース記事:九州大学サイバーセキュリティセンターと福岡県警察が協定を締結

 サイバーセキュリティの強化は、国の喫緊の課題であり、平成 26 年にはサイバーセキュリティ基本法も制定されたところです。本センターは、平成26年12月1日に設置された、大学が担うべきサイバーセキュリティ強化の教育・研究に取り組む全学組織です。 
 本センターは、米国メリーランド大学ボルチモア校(UMBC)等と連携してサイバーセキュリティに関する国際的な研究開発、教育への活動を行っています。また、国内の企業、研究機関との研究・教育連携を行っており、サイバーセキュリティに関する新たな課題を幅広く見出し、国内外の組織と連携してその解決に臨むことにより、サイバーセキュリティの研究・教育活動を持続的に行います。 
 福岡県でも、インターネットバンキングに係る不正送金事犯等のサイバー犯罪や政府機関、民間事業者等を狙ったサイバー攻撃が発生するなど、サイバー空間の脅威は深刻化しています。これらに対処するためには、最新の脅威情報や最先端の技術等を有する産業界、学術機関等との「産学官連携」が不可欠です。 
 そこで、サイバー空間における福岡県民の安全と安心の確保を図るため、福岡県警察とサイバーセキュリティに関する協定を締結する運びとなりました。また、本センターを含む4者がそれぞれ福岡県警察と締結いたしました。

これまでの実績

2016年

2016年10月~ 九州大学基幹教育科目にて開講中のサイバーセキュリティセンター関連授業への受講受け入れ開始
2016年6月30日 産学官連携によるサイバーセキュリティに関する協定締結式

検索

PAGETOP
Copyright © Cybersecurity Center, Kyushu University All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.