NSF-JST SICORP Smart & Connected Communities Project

課題名 日米の超高齢社会支援にIoT技術を適用する際のデジタルギャップの解消と、異文化の壁を超え国際的普及に資する為の研究
日本側研究代表者 岡村 耕二

九州大学
サイバーセキュリティセンター教授

米国側研究代表者 アニュパム・ジョシ

メリーランド大学バルティモアカウ校
コンピューターサイエンス・オロスファミリー冠教授

課題概要 本研究では、高齢者が抱える「新しいICT技術の敬遠」と「習得の困難さ」の状況(デジタルギャップ)を学際的に把握する為、社会科学系、工学系の研究者とコミュニティーリーダーが共に議論できるワークショップを日米で開催する。そこで得られた知見を基に、研究者チームが解決すべき課題の整理を行い、その具体的研究開発計画を策定すること目指す。

2/25-27 The first workshop