Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
SICORP

WP 3

WP3: 安全なIoT空間クラウド

研究グループ:
IITD: Sanjiva Prasad, Anupam Joshi, Kolin Paul


Kyushu Univ.: 櫻井 幸一, フォン ヤオカイ, ダニロ ヴァスコンセロス ヴァルガス, ス ジャウェイ

本WPでは,暗号,機械・深層学習などを利用してIoT空間のための安全なクラウドの実現を目指す.また,本WPでは,IoTに特化したマルウエアの脅威の解析と,クラウド環境でのセキュア化に深層学習の適用を試みる.特に未知の攻撃に対する対策はサイバーセキュリティの重要課題であり,本WPでも挑戦的に取り組む.

Report

・2017年8月20日-26日 JST 戦略的国際共同研究プログラム・ICT分野・日印プロジェクトの活動

IITD訪問期間:

2017年8月20日(日)夜、IITD到着 (Feng & Su)
2017年8月23日(水)夜、IITD到着 (Sakurai)
2017年8月26日(土)夕方、デリーから出発 (Sakurai, Feng & Su)

宿泊: Main Guest House (Sakurai & Feng), Faculty Guest House (Su)

21日 IITD Bose教授とPrasad教授との挨拶ミーテイング、Prasad教授との今後のスケジュールに関する打ち合わせ
22日23日 Prasad教授およびBose教授の学生と、IoTセキュリティ分野の次の研究に関する研究交流
IoT認証システムの研究、プロトコルの設計、物理層セキュリティの研究、Secure-IOTprotocolの研究
24日 Smruti Ranjan Sarangi先生 と、IoTセキュリティ分野の機械学習の応用についての討議、
Sayan Ranu先生と、ネットワーク分析についての討議
25日 Prof. Bose, Prof. Prasad, Associate Prof. Sarangi, Assistant Prof. Sayan Ranu と研究・意見交換

IITDのPrasad教授、Bose教授およびSmruti Ranjan Sarangi先生と懇親会に参加し現在担当している情報理論などの講義などの情報交換

Bose教授は、予習を先に自習し、講義で復習する反転授業を行っている、また
Prasad教授の学生の一人は、フルブライト奨学金で北米に半年留学に行ったばかりという話もあった。

 

研究成果:
1)IITDのPrasad教授からは、WP6班の蘇が研究しているIoT環境に対する機械学習の論文 Resource-efficient Machine Learning in 2 KB RAM for the Internet of Thingsの著者の一人が、IIT-DelhiのCSEであると紹介を受けた。残念ながら、著者自身と会う機会がもてなかったが、次の訪問やTV会議での討論を期待したい。

今後の交流:
2018年1月には、九大で交流ワークショップを計画し、そこでインド側とも直接の研究交流が行える。それまでは、TV会議と電子メール討論を続ける。

OTHER REPORTS

投稿が見つかりません。

Links

 

 

 

 

 

PAGETOP