よくある質問

講師の方は、どのような方ですか?

  • ムービングターゲットディフェンスなどの最先端の研究成果とSECCONの立ち上げ運営実績 九州大学 「小出洋教授」
  • GMOペパボにて,最先端技術の開発をリーディングする「近藤 宇智朗」先生(GMOペパボ シニア・プリンシパル)
  • NISC立ち上げに尽力された「岡谷貢」隊長(元防衛省,内閣府,戦闘機パイロット),
  • サイバーセキュリティ基本法の成立に尽力された「福田峰之」先生(多摩大学大学院客員教授 元IT副大臣),
  • セキュリティ心理学の地平を切り開かれた「内田勝也」先生(情報セキュリティ大学院大学名誉教授),
  • NTT東日本で法務担当部長を務められ,戦略法務フレームワークLSMAPを考案された「大久保紀彦」先生(常葉大学教授)
  • WAF国内シェアNO1セキュアスカイテクノロジーを立ち上げられた「乗口雅充」先生(SST会長)
  • サーチエンジンに係る著作権法改正を主導した「別所直哉」先生(紀尾井町戦略研究所所長)
  • カカクコムにてプラットフォーマに係る国際規制対応担われている「白川聖明」先生(カカクコム執行役員)

・技術系の科目につきましては、九州大学のサイバーセキュリティを専門とする研究者が対応いたします。研究の最先端の知見であることはもちろんですが、社会人向けのコースということを踏まえ、実務上の課題解決につながる凝縮した内容のオリジナル教材を準備いたしております。また、Dockerやクラウドセキュリティのトップクラスの実務家もお迎えいたしまして、皆様の「なぜ?」に応え、業務に深みのでる内容といたしております。

・ブリッジ科目およびマネジメント科目につきましては、大手インターネット企業のPRの専門家、法務責任者、サイバーセキュリティ基本法の立法に携わられた方、大規模災害の対応責任者など実際に制度の策定や危機対応に立ち会い乗り越えられたご経験をお持ちの方に担当いただきます。

どのような方が応募・修了されましたか?

学歴や職歴につきしましては,応募にあたりましては不問です.概ね経験3~5年以上の方を想定しております.

セキュリティ専門会社、通信会社のみならず、製造、物流、運輸、医療、Webデザイン、教育、コンサルティング会社など幅広くご応募・修了いただいております。例年,福岡だけでなく全国から。さらに子育てをされている女性もいらっしゃり多様な応募をいただいております。

異なる立場の意見を演習で知ることにより、サイバーセキュリティやBCPを見直すきっかけが生まれ、学びや気づきにつながると想定しております。

講義や演習の予定を教えてください

各科目は、講義(オンデマンド型)と演習で主に成り立っています。

講義については、アップロード後いつでもご覧いただくことができます。

演習については、ライブ配信方式で土曜または、日曜日での配信を予定しております。概ね1日当たり5時間前後で配信を行う予定です。

ProSec-IT/SECKUNの共通科目(30時間程度)を受講後(令和3年5月~),各コースの専門科目を学んでいただきます.

時間帯は、講義により異なりますが、10:00-17:00の範囲内です。

例えば、5時間の科目でしたら、60分×3回(オンデマンド)の授業に60分×2回(1日)の演習といったイメージです。講義はオンラインで学び。しっかり問題意識を持った上で、演習に臨み集中的に疑問点を解決する学習スタイルを想定しています。

オフラインの机上演習については、現在、調整中ですがオフラインの日が遠方からの移動も含めて一日で完結できることを想定しております。尚、欠席の場合でも資料の入手などは、可能です。

昨年度は,令和2年9月に開講し,令和3年2月目途に成果報告会(シンポジウム)を実施しました。

欠席してしまった場合のフォローはありますか?

やむにやまれぬ理由でのご欠席につきましては、状況に応じ別途欠席フォローの演習を相談の上、実施する場合もございます。(=担当講師は、異なる場合がございます。すべての科目において必ず実施されるわけではないことをご留意ください。

課題は、どの程度でますか?

・科目によりまして程度は異なりますが、事前・事後の課題が出る場合もございます。しかしながら、お忙しい社会人の皆様にご受講いただくことを想定し,本業に支障が生じないよう配慮いたします。

・課題は,より効果的に受講をしていただく準備や振り返りを行うための位置づけのものが主であるとお考えいただき,できる範囲で提出をいただいたり相談いただければ柔軟に対応いたします。

成果報告会は、どのようなものですか?

・各自の学んだこと、考えたこと、気づいたこと及び今後にどのように活かしたいか?について、個人またはグループで発表を行っていただく予定です。令和2年度は,シンポジウム形式で代表者の方に発表いただきました.

・受講中もご自身の学びたいことや考えたこと、気づいたこと、今後どのように活かしたいかを常にテーマとして持っておけば十分に対応できる内容を想定しています。

受講に関して相談はできますか?

・はい。できます。受講についてのコース選択やレベル、スケジュールなどご不安に感じる点がございましたら事務局(藤岡)までお気軽にご連絡いただければ幸いです。

  • 九州大学サイバーセキュリティセンター ProSec-IT/SECKUN事務局
  • お電話:092-802-2671
  • メール:prosec-it-staff【アットマーク】cs.kyushu-u.ac.jp
  • 担 当:藤岡・島内・小池・冨岡